絶対に行きたい! NYのおすすめオフブロードウェイ

絶対に行きたい! NYのおすすめオフブロードウェイ

By Mai in Life on 10/23/2015

NYと言えばニュージカルが大人気。

今回はオフブロードウェイの魅力をたっぷりとご紹介致します。

 

 

「ブロードウェイ」とは、アメリカのニューヨーク市マンハッタンを南北に通るストリートのことです。
そしてタイムズスクエア周辺にはたくさんの劇場があり、今や大人気の観光名所になっています。

このストリート「ブロードウェイ」は以前は娼婦の集う場所ポルノ街でした。
昔のブロードウェイを見たい方は映画1976年主演ロバート・デ・ニーロタクシードライバー』を鑑賞してみてください。
現在とは全く違うNYのブロードウェイを見ることができます。

 

 

この映画に主演されているジョディ・フォスターはこの映画が初主演だったそうです♡
 

 

みなさんは”オフブロードウェイ”に行ったことがありますか?
 
オフはオフでもクオリティーはブロードウェイニュージカルに負けてはいなく、むしろ最近ではオフブロードウェイを好んで観に行かれる方も多いほど。


”オフブロードウェイってなに?”
オフ・ブロードウェイ(Off-Broadway)とは、ニューヨーク市マンハッタンにある比較的小さい劇場で上演される演劇を指す。ブロードウェイにあっても、劇場が小さければオフ・ブロードウェイと呼ばれる。目安としては500席未満(100 – 299席という説もあり)の劇場を呼ぶ。さらに小さい劇場で上演されるものはオフ・オフ・ブロードウェイと呼ばれる。
ミュージカルの場合、オフで評判が良ければ、オンに進出することも多い。そのため、オフ・ブロードウェイからオンに進出したミュージカルは、珍しくない。代表的な例としては、『コーラスライン』、『レント』、『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』、などが挙げられる。

出典:Wikipediaより

 

オフブロードウェイは新感覚で体感演劇と言っていいほど、自分の目で体で楽しむことができるショーが多いのが特徴的。

Sleep No More
スリープノーモアWebsite 
※こちらからチケット購入可能

 

 

白い仮面を付けて、廃ホテルに一歩踏み入れると、そこは不思議な物語の世界。シェークスピアの悲劇『マクベス』をベースにした物語に、「アノニマス(見えざる者)」として参加する、新感覚の体験型シアターです。 こちらのショーを観に行かれる方はシェークスピアの”マクベス”と、ヒッチコックの”レベッカ”のDVDを観てから行ってください。
絶対にインターネットで内容を下調べしないで観に行ってください!

 

 

 

Queen of the Night
クイーン・オブ・ザ・ナイト Website
※こちらからチケット購入可能

 

プロデューサー(ランディー・ウィーナー)が2011年にオープンし、未だに人気の『スリープ・ノー・モア』と同人物で、どちらも歴史に残る名作をテーマに、廃墟となった古いホテルを改装して会場にしているところは同じである。『スリープ・ノー・モア』は「マクベス」だったが、『クイーン・オブ・ザ・ナイト』はモーツアルトのオペラ「魔笛」に着想を得た作品で、夜の女王が娘の “春の目覚め”を祝うと言う内容。

こちらのショーはディナーがセットになっています。内向的ではない方にはおすすめできません。。。
なぜかと言うと、ディナーのメニューはテーブルによって異なります。
自分のテーブルの料理を持って隣のテーブルの料理と交換しに交渉しに行ったり。
ショーに連れ出されたりetc…
NYのミュージカルを肌で体感したいあなたへおすすめです。
 

 

Fuerza Bruta
Fuerza Bruta Website
※こちらからチケット購入可能

 

スペイン語で
 
FUERZA=力、BRUTA=ケダモノから構成されている最もパワフルなこちらのショー。
陸では不可能と言われていたこちらのミュージカルはあなたを予想外の世界に連れ出してくれるはずです。
会場では観客が驚きと興奮のあまりに絶叫しぱなしです。
日本でも話題のこのショーですが、今まで観たこのない大迫力の音と光と水のダンス・パフォーマンスを本場NYで観てください!
 

 

芸術の秋にオフブロードウェイで体感演劇をNYで楽しんでみてはいかがでしょうか?

 
 
 

By Mai in Life on 10/23/2015


Get the latest events and news!
Sign up for our newsletter!